FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

passing*fancy

乙女ゲーを中心に、ゲーム、漫画、アニメなどをかたります

プロフィール

黒崎 稜

Author:黒崎 稜
*女子大生
*成人済
*乙女ゲー/BLゲー中毒
*たまにRPGもやります
*APHとケロロとおお振りと笛!も好き
*たまに絵や文章をかきます

*twitter:gretsch0604
(乙女ゲーマーさんの相互フォロー大歓迎!)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
参加中です。
最近のコメント
最近のトラックバック
だいすき!
期待!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02
22
Category : Starry Sky
いつも拍手・閲覧ありがとうございます。
少し前のことになりますが、スタスカ冬をフルコンプしましたので、感想を書き記しておきたいと思います。
ちなみに春・夏・秋プレイ済みです。



合うか合わないかで言えば自分にはやっぱり合わないのですが、このシリーズが好きだと思う人の気持ちはなんとなくわかります。
主人公(この主人公がまた美人で純粋で素直、出しゃばり過ぎないけどここぞという時には決めてくれるというスーパーガール)のことを心から愛してくれるキャラクターたち。そんな彼らの心のうちが惜しげもなく描写され、実際に彼らの口からも言葉にされる… ギャー恥ずかしい!
恥ずかしさのあまり、どうでもいいところに突っ込みを入れてしまう…この美しい恋物語に素直に浸れない自分が少し悲しい。


※以下、ネタバレを含む文章になります。


○生徒会室改め…

とんでもない暴君(「今日からお前は生徒会の一員だ!」)に、どう考えても仕事なんてせずに奇行(発明)に走る役員に…こんな生徒会でいいのか?なんてたびたび疑問に思っていましたが、いくつかのルートを終えて理解に至りました。
生徒会室とは仮の姿、ここはカウンセリング室だったのです。
…とまあ、これは冗談としても、家庭の事情から心に傷を負っている颯人や翼が、何もなくとも(仕事はあるのかもしれないけれど・笑)なんとなく集まってわいわいするこの場所を心のよりどころにしていたのは事実。そしてぬいぬいは、常にどうすれば一番その人のためになるのか、成長につながるのかを考えて忠告してくれる。
そもそもぬいぬいは、「このまま放ってはおけない」という理由で翼を独断で生徒会室に引き入れたのです。ぬいぬい、あなたはスクールカウンセラーなの?笑

○ぬいぬい

同じ高校生という立場でここまで面倒を見なければという使命感に燃えるというのは、すごいことだと思います。高校生なんて自分のことで精一杯、それと真逆を行くぬいぬいは、優しくて素敵だけど、なんだかあるべき姿ではないような気もしてみていて不安でした。
ぬいぬいのそんな態度の裏側には、過去に両親を失った辛い経験や自分の特殊な能力に対する責任感がありました。未来が見えてしまうからこそ、知ってしまうからこそ、すべてに自分の責任を感じずにはいられないのでしょう。「どうしようもなかったこと」とは思えないのでしょう。苦しい人生を送ってきたんだろうな…
他の生徒会メンバー2人のルートで彼らにビシッと忠告する姿はとてもかっこよかったです。しかも、ずっと主人公のことを守ってきたのは自分だというのに、自分のことには一切触れないで心から応援してやっているなんて!
個人的な意見とわかっていて言わせてもらいますが、ここ(冬)でぬいぬい以外をえらぶ道なんてあるんでしょうか!?

白銀ルートでは、他のルートでは隠されていた恋に破れたぬいぬいの心情が語られていて、思わず胸がいっぱいに。本人以外のルートではどのルートにせよ当然こういう葛藤があっただろうと思っていたので、ここでようやく描写されていてすっきりしました。そういう意味では白銀ルートはよかったです。

んで、肝心のぬいぬいルートのシナリオなのですが…ぬいぬい自体が不幸を呼び寄せる、というのでもないのに、あそこまで頑なに主人公を拒むことないよなあと思っていました。
そもそもそこまで自分から遠ざけようという決心が固いなら、あなたこそ近づいてこないでください!思わせぶりなことばっかり言いやがって、惚れるでしょうが!!


○颯人

すんごい家庭ですよね…「僕だけ呼んでもらえない食卓」とか。ネガティブで自己評価が低いとはいえ、よくここまでまともに育ったものです。
末子にあからさまに冷たくする両親をみて、兄や姉も間接的に傷を負っていたのではないでしょうか。
こんな状況でも、子供というのは親を本心から憎むことはできず、むしろ愛情を求めてしまうものだと思うので、両親にようやく認められ、再び親の元に戻ってその期待に応えたい、と隼人が思うのは当然だと思います。
そもそも彼らはまだ高校生で、経済的・社会的にも自立しているとは言い難い立場ですので、自ら家族に逆らうという決断を下すことは困難です。この決断によって一生家族関係が修復できなくなる可能性もあります。
だから、一度は学校を離れることを決めた颯人を責めることはできないし、それを引き止めた主人公に対する「責任をとって欲しい」発言も、アリかな…と思ったりしました。女々しいけど。

音楽室でピアノを弾き、「この曲を聴いた人は僕に魅了されてしまうんです。」と冗談(?)を言うシーン、何恥ずかしいこと言ってるんだ!とムズムズしましたが、これは「誰からも必要とされていない」と思いつめている颯人の望みなのではないかと思い至り、その控えめな笑顔が痛々しく感じました。


○翼

生徒会室とそのほかの場所でのギャップが、どうしてそうなるのかがよくわからず、もやもやしていました。
たしかに両親から捨てられてしまったとか、じいちゃんが亡くなったとか、ばあちゃんとうまくやれていないだとか、難しい問題をいろいろ抱えています。しかしそんな中でも、生徒会には仲間がいて、クラスには梓という友達もちゃんといる。それで「自分は他人と違うからうまくやれない」と思い込んでいるのは、仲間に対して失礼な感じがします… (そもそも翼ってそんなに変わっているんでしょうか?)

最終的には翼側、クラスメイト側おたがいに誤解をしていて、実際に接することでそれらが解決、というところに落ち着いて、クラスメイトとの関係についてはめでたしめでたしです。
ただ、相変わらず翼は思い込み(ネガティブなほうに)が激しいようで、傍から見れば「どうしてそうなる!」といいたくなるような理屈で嫉妬したり落ち込んだりしてしまうので、これから付き合っていく主人公はなかなか大変でしょう。翼はもっと相手を信じてあげられるようになるといいね。


颯人ルートと翼ルートは、自分に都合が悪くなる(かなり雑な言い方ですが)と主人公の前に現れなくなる、逃避するという展開が似ていて、同じ作品内なのでもう少し表現方法にバリエーションを持たせたほうが良いのではないかと思いました…家庭問題というバックグラウンドも少し似ていますしね。


○白銀先輩

ぬいぬいのところで述べたように、ぬいぬい目線では悲恋厨として楽しめた(ひどい)のですが、白銀先輩と恋愛するという点では…うーむ。
あくまでぬいぬい(メインキャラ)を別展開から補完するルートだと感じました。もしくは、男の友情を楽しむルート?

白銀先輩は変態だという話をどこそこで聞いていたので、アブノーマルな展開になるんじゃないかとひそかに期待していたのですが、
ぶっちゃけ、白銀先輩ってかなりノーマルですよね?
ルートを進んでいくと、実は変態を演じていただけ、というオチにたどり着きますが、そんなオチにたどり着かなくても彼はちょっと髪型としゃべり方が変わっているだけの、良識のある至って普通の人です。変態なめんな!
別に白銀先輩が嫌いというわけではないですが…




ここまで読んでいただければ大体お分かりかと思いますが、ぬいぬいが最萌でございました。もしかするとスタスカメインキャラ中で一番好きかもしれません。
期せずして自分と同じ星座でした…自分もぬいぬいみたいな意志の強い子になりたいわ…!



●近況
ときメモイベントにむけてひたすら未攻略キャラを攻略中です。
のみならずリアルでダイエットを目論んだり、当日の服に頭を悩ませたり…と充実しています。あれ、もしかしてこれってリア充?
次回の記事はそんなひよっこメモラーの雑記になりそうです。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。