FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

passing*fancy

乙女ゲーを中心に、ゲーム、漫画、アニメなどをかたります

プロフィール

黒崎 稜

Author:黒崎 稜
*女子大生
*成人済
*乙女ゲー/BLゲー中毒
*たまにRPGもやります
*APHとケロロとおお振りと笛!も好き
*たまに絵や文章をかきます

*twitter:gretsch0604
(乙女ゲーマーさんの相互フォロー大歓迎!)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
参加中です。
最近のコメント
最近のトラックバック
だいすき!
期待!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10
17
Category : Confidential Money
Confidential Money ~300日で3000万ドル稼ぐ方法~ フルコンプしました!

最後までとても楽しんでプレイすることができました。
楽しい雰囲気の乙女ゲーがやりたいという人、思いっきり笑いたいという人にはぜひおすすめしたいです。



●購入を迷っている人向け・ネタばれなし感想●
(直接的なネタばれはありませんが、多少のネタばれでも気になるという方は読まないでくださいね!)

個人的には「魅力的なキャラクター」と「笑い」と「糖度の高さ」がこの作品のおすすめポイントです。もちろん他にもいいところはたくさんありますが!


・シナリオ
謎の人物によって集められた主人公・攻略対象たちが、それぞれのスキルを生かしながらとある保険会社の金庫破りに挑むというのがあらすじ(ほんとに粗いな!)。
それぞれにお金を必要とする深い事情があり、ところどころシリアスな展開もありますが、NY(アメリカ)という舞台も手伝ってかみんなやることが派手でスカッとします。
シナリオの大筋はどのルートでもかわらないので金太郎飴だと感じなくもないですが、個別ルートではキャラクターの魅力が存分に発揮されて糖度もぐっと高くなるので、わたしは飽きずに楽しめました。


・キャラクター
攻略対象は六人(初回のみ二人に攻略制限あり)。17~41歳と幅広い年齢層で、職種も警察官から殺し屋までさまざま。この烏合の衆具合、なかなか乙女ゲーではありませんよね?

ぶっ飛んだ設定の人も少なくないので、正直プレイ前やプレイ序盤は自分好みのキャラがおらず楽しめるか心配でした。実際変人が多いんですが(笑)、だからこそみんなの集まるミーティングやイベントは面白くなるし、個別ルートに入れば愛情表現はとてもまっすぐだったりしてそのギャップに萌えたり……そんなこんなで最終的にはどのメインキャラも大好きになりました!
見た目オッサンだったりひどい悪人面だったりするのに、みんなどこかに可愛げがあるんですよ。
サブキャラの作り込みもなかなかです。ものすごく悪い奴なのに憎めなかったり。

ちなみに攻略順はあんまりこだわらなくていいと思いますが、個人的には一周目に瞬ルートに入るのは避けた方がいいと思います。
あと、制限かかってる二人はなるべく最後にまわす方がいいかな…


・笑いと糖度について
全力で笑わせてきます…!
攻略対象でさえネタキャラのような扱いを受けていたりします。
キャラクター同士の会話のテンポが非常によくて、そこに主人公も自然に溶け込んでいるのがなおいいです。ボケもツッコミも秀逸。
特に間違った選択肢を選んだときのみんなの反応は素晴らしいのでぜひ見ていただきたいです。

糖度はどの攻略対象でも高いと思います。
フルコンプまでに各人から無数の愛の言葉を囁かれたと記憶しているのですが、表現力がないのでうまいこと説明しきれません。が、スチルでのいちゃつきっぷりだけでもなかなかですよ。
いわゆる微エロというかお色気シーンというかそういうのが多くてびっくりした。ま、ここ、NYだし…


・システム
基本アドベンチャーゲームで、会話と人物の心の声のみで話が進みます。
9章構成で1~4章が共通、5~9章が個別シナリオ。
選択肢は
 マップ形式→二択の選択肢で好感度を上げる
が基本で、好感度の一番高い相手との自然発生イベントや個別シナリオでも二択の選択肢が出てきます。
愛キャッチシステムと好感度の確認画面で攻略は楽々です。
マスケティアやったことのある方はあれとほとんどおんなじだと思って下さい。


・イラストとか音楽とか
乙女ゲーでは珍しい(?)ちょっと鋭い感じなんですが、見慣れるといいなあ、綺麗だなあと思えるようになると思います。
原画がマスケティアと同じ人なんですが、よくなってます…!特にスチルの構図。いちゃいちゃシーンのスチルとか、セクシーで思わず見入っちゃう。
あと立ち絵のパターンが多くて、なんとサブキャラでも2~3種はあります。

音楽も頑張ってると思います…!その場その場の雰囲気に合ってるのはもちろん、アメリカンな感じも出てます。いや、アメリカンな音楽とか知らないけど、こじゃれていて他と違う。わたしは好きです。


・おまけ
おまけボイス、おまけイベント、キャストコメント、ラフ画など豊富。ボイスとイベントはかなりおもしろいです。
六人攻略し終わると新たなルートが開きます。マスケティアでいうコンスタンティンストーリーみたいなのをイメージしてもらえれば…。




細かいところまでこだわりがあって、制作スタッフの作品への愛を感じました。
実はわたし、この作品の制作が発表された時点ではキャラ設定が無謀だとかなんとかいって敬遠してたので、思いきって買ってみて本当によかったです!
おすすめしてくださったブロガーさんに感謝。

エンターテイメント的にはかなり良作の乙女ゲーだと思います。
興味持たれた方はぜひ。




ネタばれあり感想はまた後日(書けるかな…)!



※マスケティアをプレイ済の方はより楽しめると思います。
※随所でマスケティアと比較するような書き方をしているのは、コンマネの前にわたしがマスケティアをやっていたからです。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。