FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

passing*fancy

乙女ゲーを中心に、ゲーム、漫画、アニメなどをかたります

プロフィール

黒崎 稜

Author:黒崎 稜
*女子大生
*成人済
*乙女ゲー/BLゲー中毒
*たまにRPGもやります
*APHとケロロとおお振りと笛!も好き
*たまに絵や文章をかきます

*twitter:gretsch0604
(乙女ゲーマーさんの相互フォロー大歓迎!)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
参加中です。
最近のコメント
最近のトラックバック
だいすき!
期待!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06
29
Category : ときメモGS
GSP3初回版にドラマCDがついていたことを唐突に思い出し、バイト前に少しでもやる気が出ればと出勤前の車内で聞き始めたら、「学園コント」、笑いすぎて逆にぐったりしてしまうくらい面白かったです。これが公式だなんて信じられない。
男どもが好き勝手喋るせいで台詞が重なっていて、何度聞いても新しい発見があるのも楽しい。
乙女向けのドラマCDだと「無言のヒロイン」を存在させることも多いのですが、どうしても会話のテンポが悪くなるし、むしろこれくらいヒロインの存在を感じさせないほうがキャラの本質が出るような気がします。
ダミヘ音声はまだ聞けていないけど、これだけでも十分かも。

「学園コント」、シナリオが面白いのはもちろんなのですが、ここまで笑ってしまうのは私のキャラみんなに対する思い入れがかなり強いからだと思います。

個人的にはときメモGSと他の乙女ゲーはいろんな点でかなり違っていると思います。

★能動的
普通ならなんとなく選択肢を選んで、なんとなく進めていけば勝手に好かれてEDを迎えられる乙女ゲーですが、ときメモでは積極的に落とすつもりでやらないとイベントを起こしたりEDを迎えたりできません。
相手の好みをリサーチし、とにかくデートに誘う。好感度の上がる選択肢を選ぶ。相手が重視するパラを上げる。
それでも仲良くなるまではほとんどみんなが厳しい反応を返してくるし、仲良くなっても嫌なモノは嫌とハッキリした態度をとってきます。
そんな反応にも挫けずに自分から働きかけなければ、(パラ上げがうまくない限り)どれだけ待ってもデートには誘われず、好感度も上がりません。

★時間がかかる
プレイスタイルにもよりますが、地道にデートに誘ったり服を買いそろえたり等を繰り返していると、クリアまでに結構時間がかかります。
三年間腰を据えてじっくりと親交を深められます…

★ゲーム性がある→周回プレイがやりたくなる
ファッションやデート先などの自由度が高く、バイト・クラブが違えば起こるイベントも変わる。(さらにGSP3では天使・小悪魔モードでイベントや台詞が変わる)
好感度やコマンド、パラメータ等さまざまなものがイベントの発生条件にからんでくるので、適当にやっているだけでいろんなイベントが見られ、その数も本当に豊富なので周回プレイが楽しいです。
ただしその分コンプも難しい。

そんなわけで自然とキャラに愛着が湧いてきます。

まあでもこれくらいやり込めるのが恋愛ゲームのあるべき姿なのかもしれないですね。だって出会って結婚する(付き合う)まで正味6時間、ED見たらハイさよなら、なんてゲームはちょっとさみしくないか。


ちなみにGSP3から入った私のプレイ状況はこんな感じ▽

GS1(DS) 1周目(色サマ攻略中)
GS2(DS) 瑛告白:ED1 若王子先生:告白ED1
GS3(PSP) ルカ:告白ED1,2 玉緒先輩:告白ED1、親友告白ED
        設楽先輩:告白ED1 太陽くん告白ED
        ルカ・コウ三人ED1 嵐さん・ニーナ三人ED1

たぶん持っているゲームの中でGS3はダントツでプレイ時間の長いゲームだと思います。が、見ての通り全然遊びつくせてません。そしてスチルも全然足りない!
でも「その分まだまだ遊べるウレシイ!」とか思ってる私、立派なGS厨。
GS1、GS2はプレイし始めたばっかりなので、これからが楽しみです。



以下、玉緒先輩親友告白EDの感想?になります。ネタばれ注意。


当初は、三角関係がみたかったので(取り合いするのもやきもきして萌えるけどなによりキャラ同士の絡みが楽しい)、今度は先輩△を狙おうとプレイを開始しました。
序盤の設楽先輩の冷たさに怯え、受けた傷を玉緒先輩に癒してもらうつもりが選択肢を誤りまくって苦笑いばかりを目にする始末。この人たちとうちのバンビは根本的に合わないらしい。

それでもなんとか両方と友好状態になったところで、二人の好感度をじわじわと平等にあげていくのが急にめんどくさくなり、GW中に設楽先輩と連日デートを入れてしまった時事件は起こった。

デート帰りに玉緒先輩とばったり遭遇、かかってきた電話、そしてこの選択肢
「誤解を解く」
「友達でいてほしい」

これが音に聞く親友モードの幕開けか…とぼんやり思いましたが、今考えてみるとなんなんでしょうねこの思いあがった選択肢は。まだ友好状態なのにバンビちゃんってば…




結局玉緒先輩と親友になることにしました。
でも玉緒先輩ってばこのポジションが似合いすぎて本当にかわいそうでした…
だって先輩、「いい人」だから。

この親友モード、EDを見たいのは玉緒先輩で、でも建前上の本命は設楽先輩なので彼ともいっぱいデートしないといけないというのが、気持ちをどこにおいてプレイすればいいのかわからなくて純粋に楽しめなかったです…

しかも終盤にすすむにつれて、設楽先輩も本領発揮でデレてくるので良心の呵責が。
玉緒先輩も本気で悩んでる様子で、そんな彼に心を痛めて「ほんとはあなたが好きなの…」と思わず「くっつく」コマンドを実行すれば「僕たちはそんな関係じゃないだろう」って悲痛な声を上げられる。

たしかに叶わぬ恋とか切なさ全開とかって好きです、そんな玉緒先輩を見てみたいし、萌えるけど、
バンビを動かす身としては親友モードは苦痛に感じられました。
2年に渡ってのキープ君…バンビッチとは言い得て妙。


最後、めでたく玉緒先輩がバンビと結ばれてよかったな、と思う反面、
あんだけクリスマスにお正月に気持ちを捧げてフラグ立てまくった設楽先輩は( ゚д゚ )ポカーンだったに違いない。
彼にとってこの恋がトラウマにならなければいいと切に願っています…


ところである日の玉緒先輩とのデート、たまたま流行アイテム3つすべてを身に着けていたバンビに向かって
「君ってすごいね、勉強になります」
というようなことを言った玉緒先輩、それ、嘘ですよね?
本当に勉強になるって思ってるんだったらそのTシャ…もごもご
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

ときメモ談義

りょうさん、こんにちは!
いつもツイッターでお世話になっています♪
ときメモ厨?ノンノン、セニョリータ。
古式ゆかしき風に申しますと「メモラー」でありますこと。
自分で書いてみてもこのダサさにビックリでアリマス(苦笑)

りょうさんが書かれるように、
本当にときメモは繰り返しプレイしても新しい発見ができるゲームですね。
私も他の乙女ゲーと一緒にはできません(*´ω`*)
だって、自分が選んだ選択肢で自分を苦しめるなんて‥
他のゲームではないですもの。
何はともあれ、親友モードお疲れ様です☆”
どんなに小悪魔プレイやビッチプレイをしていても、
親友モードでは自分に良心が残っているものだとヒシヒシ感じちゃいますよね。
そこをいくと玉緒先輩は本当に「いい人」の代表格で、
そんな「いい人」をキープする黒崎バンビの心中お察し申し上げます(*´ω`*)
本当にお疲れ様でした!
やしろバンビは親友ルートのルカに毎度ゲームが中断しております(苦笑)
クリアできる気がしませんorz

ちょっとブログの内容から離れますが、
ツイートでGS1の爆弾処理に苦労されているお話も、笑いながら拝見しましたw
男性版ときメモも同様ですが、かつては爆弾処理ゲーですよね!
それがGS3への進化の過程でソフティケイトされて、
よりリアルに近い恋愛のやり取りになっていった感じかなと思います。
GS3からプレイされたりょうさんがGS1をどう感じるのかなって気になります♪
確かに古臭さは拭えないのですが、GS1もGS2も楽しまれてくださいね。

Re: ときメモ談義

やしろさん、こんにちは!こちらこそお世話になっています!
メモラーっていうと、男性向けのほうも含まれるんでしょうね。初めて聞く単語です!
「厨」なんてつけるよりは、ロマンティックな感じで聞こえはいいと思いますが…笑

そうなんです!GSは好感度について他の乙女ゲーのような思いやりがないんですよね。
だから設楽先輩なんかを相手にしていると、かつてない緊迫感が漂うんです…。笑
やしろさんも親友モードに苦しむメモラーのおひとりでしたか!
最終的にはコンプを目指したいのですが、ルカはたしかに相当苦しいでしょうねー。年季入ってますし。
最後はきっと結ばれる!と心を奮い立たせてすすめるしかなさそうです。
そしてキープ君に甘んじる設楽先輩なんて想像できない(笑)
(さっきからやたら設楽の名前出してますが決して!決して好きなわけじゃありませんからね!//)

GS3から入った身としては、1と2はすっごく違和感ありましたよ!
爆弾処理はもちろん、個性的すぎるキャラクター、突如現れる謎の選択肢(誕生日プレゼントや合宿の料理など)に、
「GSってネタゲーだったのか…」と(半分冗談ですが)思ったりもしました。
これはこれでもちろん面白いし、逆にふと真面目な顔をみせたときの彼らにすっごくときめくのですが、
比較的新規の乙女ゲーマーの私には馴染みのない感じで…
GS3になってよりリアルに近い恋愛になった、というのは全くその通りで、
さらにそうすることで新規乙女ゲーマーにもより受け入れやすいゲームとして生まれ変わったのかなあ…という気がします。
新参者が語るのもおこがましいですが…

ちなみにGS一周目は度重なる被爆、見事に色サマを瑞希サマに掻っ攫われました。無念です。
(三年目の冬、誰からも年賀状をもらえなかったことは記憶に新しい)
これにめげずに1、2の攻略も頑張りたいと思います。never give up…

コメントありがとうございました!
今度はやしろさん宅にもお邪魔させていただきます。
やしろバンビのますますのご活躍を祈っております!笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。