FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

passing*fancy

乙女ゲーを中心に、ゲーム、漫画、アニメなどをかたります

プロフィール

黒崎 稜

Author:黒崎 稜
*女子大生
*成人済
*乙女ゲー/BLゲー中毒
*たまにRPGもやります
*APHとケロロとおお振りと笛!も好き
*たまに絵や文章をかきます

*twitter:gretsch0604
(乙女ゲーマーさんの相互フォロー大歓迎!)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
参加中です。
最近のコメント
最近のトラックバック
だいすき!
期待!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04
02
あったかくなりましたね!九州では桜が満開です。
花びらが風に舞うのを眺めながら、
「きゃあ」「あ、いや、髪に花びらがついていたから…」
とかいうお約束の展開がふっと頭に浮かびました。私の頭にも春の訪れ

多くの人が憧れるものだとは思いますが、わたし魔法使いモノに弱いんです。昔から。
遡ると、おジャ魔女が大好きで毎週欠かさず見ていたし、そもそもこの世界(二次元とか二次創作とか)に入った原因もハリー・ポッターでした。
当時はほぼすべての呪文を覚えていたよ。ホグワーツの秘密もばっちこいでした。

そんなわけでワンドオブフォーチュン、やりだしたらはまるに違いない!とずっと思っていたのです。が。

これぞまさしく作業…!!


それでもなんとか頑張って二人攻略しました。
以下、ネタばれしない範囲(あくまで私の思う範囲なので、いかなる前情報も避けたいという人は回避!)で項目にわけて評価してみたいと思います。
(ほんとは少なくとも攻略対象の半分くらいは攻略した上で評価するべきかなとも思うけれど、あと一人はとても耐えられそうにないですすいません…)


☆絵とかデザインとか
文句のつけようがないです。
イラストは、どんなポーズをとっても、どんな構図でも崩れない。キャラの顔も安定してる。
かわいすぎず(でもヒロインはとても可愛い!)クールすぎない、万人受けする絵だとも思います。
ミニキャラもかわいい。
背景やMAPにも気合いが入っているように感じました。世界観ちゃんと出てる。

☆声
キャラのイメージにあっていると思います。
少なくとも攻略対象キャラは乙女ゲーにはおなじみの方ばかり(櫻井さん、入野さん、すずけんさんなどなど)ですし、さすがの演技ですよ。
むしろ乙女ゲーを評価するのにこの項目は必要なのかと疑問になるくらい、乙女ゲーの声優さんって一緒だからなあ。
あ、悪い意味じゃなくて。

☆音楽
BGM、いいです。
ファンタジー調で、耳に残っているものもいくつかあります。
なによりキャラ一人ひとりテーマBGMがあるのが嬉しい。そしてこれがなかなか雰囲気にあってる。
テーマBGMを作るって、キャラ作りの上で結構効果あると思いますよ。華ヤカのときも思ったけど。

☆システム
まさしく作業。わたしには無理でした…
パラ上げについては攻略サイト見なくともヒントがあるし、好感度はキャラと会話したり、個別イベントを通して普通に上がるので、案外難易度が低いんです。
すると、全ターンが23週×7日くらいなのですが、ある程度ちゃんとやってれば17、18週目くらいでED条件を満たしてしまい、やることがなくなります。

特にイベントがない平日の一日の流れは

朝起きる→玄関で誰かに会う→一日の行動選択→昼に誰かに会う→帰りに誰かに会う→寮での行動選択→寝る

となっていて、この一日に三回ある「誰かに会う」部分はパターンがほとんどないので(一応好感度によって変わりはするんですが)、既読スキップ状態だとずーっととばすことになって、これがものすごく面倒くさく感じます…
律義に毎日はさまなくともよかったのでは。
既読スキップのスピードは最速にすればそこそこ早いし、ターンで行動を起こさないような選択肢もあるのでシステム的には工夫されているのでしょうが、こんな感じで結局時間は食う仕様…

どんなに作業があっても、イベントが多ければ乗り切れたのかもしれませんが…

☆シナリオ
イベントが少なくて物足りなかったです。
キャラの個性という点では、ビジュアルやら性格やらすごく魅力的につくってあるのに、
少ないイベントではそこを十分に出せていなかったように思います。
会話を全部出せば、情報もいろいろ出てきてもっと具体的なキャラクター像が浮かび上がるのかもしれませんが、
二人のルートを終えた後で、そんなに仲良くなった気もしないし、相手のことをよく知れたという気にもなれなくて…

イベントシナリオ自体は、まあお約束ネタが多いですが、学園モノらしいきゅんきゅんするようなデートは楽しかったし、最終試験も盛り上がる展開ではあったなあと。最終試験まではなくても、それなりの長さのイベントをもっと間に挟んだらよかったのに。



結論:作業に飽きる前にキャラ萌えできた人が勝ち

キャラはほんと素敵です。まだまだ攻略したい子がいっぱいいます。でもわたしにはもう…あの作業は無理です…
そして欲を言えば、もっとキャラどうしの直接のからみがあれば楽しかったかなあ。


追記で攻略した二人(ラギ・アルバロ)についてひとこと。ネタばれ注意です。
★ラギ
だいたいこういうタイプは好みではないんですけど、女性に抱きつかれるとドラゴンになっちゃうとかいう先の読めるようなどきどき設定についひかれてしまいました。
最終試験での活躍はかっこいいですねえ!
ぎりぎりになって助けにくる…これでこそ王道ヒーローキャラだと思いました。できればもっと早く来てくれ

まあなんというか等身大で、ハーフドラゴン設定はあっても性格に無理はなく、ヒロインとお似合いだと思います。きゅんきゅん。
しかし、つんでれかわいいと思っていたけど好感度上がると大胆発言だらけだよ。
うちの田舎に連れていくってあなたそれプロp(ry

★アルバロ
ちょっとよくわからn第一印象が素敵
こういう道化キャラというかいたずら好きの食えないキャラが大好物で、ラギを攻略中もっさりシステムに飽き飽きしながら「わたしはなぜアルバロを先に攻略しなかったのだ…!」と大後悔してました。

実際に攻略にはいってみれば予想通り、ひょうひょうとしていて、ヒロインを試すような甘い台詞をばらまく。しかも女好き。
これはがちタイプだ…!と期待高まる中、魔法イベント(夜の庭でアルバロの魔法を見せてもらう)でハートを鷲掴みにされました。
この茶目っ気。素敵過ぎる…

しかし…
何か裏があるんだろうなとは思っていたもののあの展開にはポカーン( ゚д゚)でした。
結局彼は何者なんですか?そして最後の呪文でなにが起こったのですか?
なんだか、彼が敵らしいということはわかったけど…私の理解力が足りないのでしょうか…

ヒロインに好意はあるけどそれと自分が楽しむことは別(平気で命を天秤にかけるくらいなので)、というアルバロのあり方は、理解はできないけど一つの考え方としては認めるとして、もう少し丁寧に描いて欲しかったです。最終試験以降の話だけではやっぱり短すぎる気がする。いきなり別人になったのかと思った。

最終試験についてはいろいろわかんないこともあったけど、まあ、いっちばん最後の展開に萌えたのでよしとしましょう。
おわりよければすべてよし!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。